妊娠線を消す・目立たなくするのにアットノンが効果ない理由は…

(妊娠線の後、市販の薬で治ると良いんだけどなぁ…)
私も以前、そう思ってました。

本当なら病院へ行くのが良いのかもしれませんけど、お腹の妊娠線を人に見せるのは恥ずかしいし、できれば薬局などで買えるものが良いと思っていました。

 

そう思って色々探してみたのですが、”妊娠線を消すクリーム”というのは見つけられず。
ただ代わりに、”小林製薬のアットノンで妊娠線が治るかも”みたいな噂を、見つけることができました。

そこで実際試してみたのですが…。
私はどうやら皆さんに、伝えないといけないことがあります(笑)

 

この記事では、

  • 本当にアットノンで妊娠線が消えるものなのか
  • 私がアットノンを使ったときの体験談

について、ご紹介します!

アットノンで、妊娠線は消える?それとも…

結論から言ってしまうと、私はアットノンで妊娠線を消すことはできませんでした。
”そもそも妊娠線は一度できると消えないのでは?”という話もありますが、それとは別に、”アットノンだから効果がない理由”もあるみたいでした。

実際私がアットノンを使ってみてから、アットノンについて調べてみたところ、そういう薬の成分の詳しい方などが

「アットノン」の主な有効成分は、「へパリン類似物質」です。
つまり、アトピーなんかで病院に行くと処方される「ヒルドイド」と同じという事になります。

…中略…

アットノンは血行を良くする薬です。
血行が良くなれば、組織の修復を助けるでしょうが、アットノンという薬自体には「直接傷を治す効果」はありません。

http://ur0.work/CISu

 

帝王切開跡は多少綺麗になりますが、妊娠線は皮膚の伸びた跡なので、ヘパリン類似物質では改善されません。

http://ur0.work/CISz

 

という風に、解説されていました。

つまり…

要するに、

  • アットノンは、”傷の跡”などには効果があるけど、
  • ただ皮が伸びただけの妊娠線の後には、効果がないですよ

ということなのだと思います。

ただし一方で、アットノンは”ひっかき傷”には効果があると言われていますから、妊娠してお腹がかゆくなって、掻いてできた傷跡などには効果があるかもしれませんね。

最近は、”妊娠線が出来てから使う専用のクリーム”もある

ちなみに最近は、”妊娠線が出来てから使う専用のクリーム”も出ています。
私が使ったときの体験談もあるので、よかったら読んでみてください。

発売して間もないからか、20%OFFキャンペーンもやってますよ(^▽^)

お腹にできた妊娠線に、専用のクリームを使った結果はこちら⇒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加