バイオイルは妊娠線を消す・目立たなく出来る?⇒はい!でも…

最近は妊娠線予防グッズが何かと人気ですが、おそらく世界で一番売れている妊娠線予防オイルは、バイオイル(BIO-OIL/Bioil)だと思います。
バイオイルは妊娠線ケアのために生まれたオイルではないのですが、世界90カ国以上で販売されていて、いつの間にか日本でも妊娠線ケアに使っている方が増えました。

私も使っていましたが、正直ドラッグストアなどで買える妊娠線予防グッズの中では、一番好きですし、いいと思いました(⌒∇⌒)
私のママ友も、妊娠初期はこちらを使っている方が多かったと思います。

 

ただあまりに人気が出過ぎて、噂が独り歩きしている部分も、少しあります。
例えば

  • 妊娠線が、必ず防げるんじゃないかとか
  • 出来てしまった妊娠線を消したり、薄くしてくれるんじゃないか、とか

などなど…。

私やママ友の体験談、また良く調べたことを、この記事でご紹介しますね。
バイオイル、使い方さえ間違っていなければ、本当に良いケアグッズですから!

バイオイルは、妊娠初期には最適のケアグッズ!

妊娠線のケアグッズは、大きく分けて3つの種類があります。

  • 1000円前後の保湿クリーム・オイル(保湿力は弱いけど、妊娠初期は表面だけの保湿で問題ないので、十分役に立ちます)
  • 3000円前後の保湿クリーム・オイル(保湿力抜群ですが、肌の奥までは保湿できる成分が入っていないため、妊娠後期やお腹が大きくなりやすい人は、妊娠線が急にできてしまうこともある)。
  • 5000円以上の保湿クリーム・オイル(肌の奥まで保湿してくれる成分が含まれているので、臨月やお腹が大きくなったママも耐えられやすい。ただし値段は高め)

 

そしてこのバイオイルは2000円もしないのに、3000円クラスの保湿力があると、私は使っていて思いました。

ママとも提供。伸びが良くシットリ。

ママ友と話してみても、ニベアや馬油、ワセリン、ジョンソンなどとは明らかに違う保湿力だと思います。

要するに、コスパが良いんですよね(^▽^)

 

もちろん3000円クラス以上では当たり前の「無添加・オーガニック・産後の赤ちゃんにも使えるほどやさしい」というのはクリア出来ていないですけど、妊娠初期だけに頼るなら、それはもう心強いオイルだと思います。

じゃあ、妊娠後期はどうなの?

では、肝心の妊娠後期はどうなのか。
もちろんお腹が大きくなりにくい方は肌の表面だけの保湿で間に合うので、バイオイルだけで妊娠線を防げると思います。

ただし臨月になると、やっぱりバイオイルだけでは防げなかったって方も多いんですよ。
バイオイル神話が結構あると思うので、ここはちゃんと話しておきたいと思います。

妊娠中に妊娠予防に買いましたが、たくさん出来てしまいました。

http://ur0.work/D0Uu

 

二本使いました。
傷跡が薄くなると聞いて、傷跡ややけど痕に塗りこんだものの効果は見えず。
妊娠時にも塗り込んでましたが、妊娠線くっきり。
なかなか減らないのでコスパは良いですが…。
私には合わなかったようです。

http://ur0.work/D0UJ

 

妊娠8ヶ月目の妊婦です。
今まで妊娠線予防としてバイオイルを使用してきました。
しかし最近乾燥の為か、お腹がかなり痒く、
寝ている時も痒くてかきむしってしまう
くらいです。

http://ur0.work/D0XF

 

臨月やお腹が大きくなりやすい方は、できれば5000円以上の「シラノール誘導体」という成分が含まれたケアグッズを使うことをお勧めします。
この成分は人気の妊娠線予防クリームの間では定番ですが、肌の奥までモチッと保湿できるので、大きくなったお腹でも耐えられやすいです。

バイオイルは妊娠線が消える?⇒消えないけど、確かに目立たなくはなるかも…

バイオイルを使い始める原因として多いのは、「すでに出来てしまった妊娠線に効くかも」というもの。
結論から言ってしまうと、成分を見ても口コミを見ても、妊娠線が”消える”なんてことはあり得ないと思います。

これは正に、バイオイル神話ですね(-_-;)

個人差もあると思いますが、産後、妊娠に2ヶ月程毎日使用したのですが、ほとんど効果はありませんでした。
保湿オイルとして使用したいと思います。

http://ur0.work/D102

 

ストレッチマーク(妊娠線、肉割れ線)や傷跡が薄くなる事を期待して、半年間、月に1本使用してマッサージし続けましたが全く変化ありません。その間4キロ太って新たに肉割れ線が出来てしまったので、予防できないなら薄くする事なんてもっと出来ないと思います。

http://ur0.work/D0ZY

 

怪我の跡や妊娠とかにきくと聞いて買いましたがたいして変わらないしどれくらいの物にきくのかもわからない

http://ur0.work/D0ZZ

 

35週で妊娠ができてしまい、こちらを購入しましたが、今のところ変化なしです。点滴の跡がいっぱい付いてしまったので、そちらへの効果を期待します。

 

できてしまった妊娠線にも効果があるとのことで、初めは母からもらった1本、その後自分でも購入して2本使いました。
全く効果はなかったかなぁ。

http://u0u0.net/D180

 

妊娠線ができてしまい買いました。
おなかにできた妊娠線に塗っているもののあまり薄くなってるきはしません。。2ヶ月たちましたが。
授乳中に両胸にもものすごい妊娠線が(涙)

http://u0u0.net/D183

でもどうして、「妊娠線が目立たなくなる」なんて話を聞くの?

「妊娠線が消えた」という口コミは見ないものの、確かに「妊娠線が薄くなった気がする」「目立たなくなった気がする」という口コミは見ることがあります。
これらはすべて気のせいなのかというと…私はそんなこともないと思います。

実際私のママ友は写真を撮って比べていましたが、確かに心なしか目立たなくなっている気も…。
どういうことが原因か調べてみて、その秘密が何となくわかりました。

秘密は、ビタミンEの鎮静効果?

バイオイルはもともと、妊娠線ケアというよりはニキビの炎症を抑えるために愛されているオイルです。
そしてどうして炎症を抑えられるのかというと、ビタミンEの鎮静効果が大きく役に立ってくれています。

そこで先ほどのママともに話を聞いてみても、「触った感じは前と変わらないけど、色だけ少しマシになってる気がする」と言っていました。
なので、おそらく赤紫色やピンク色の「出来て間もない、今も活動している妊娠線」には、肌の色を落ち着けてくれる効果があるのかもしれません。

 

確かにバイオイルの体験談を読んでみても、「出産後の妊娠線に使った人」「出産して何年もたった人」の妊娠線に効果があったという話は聞きませんでした。

つまり、バイオイルには、どんなことを期待していいの?

要するにバイオイルは、「妊娠線が白い線に落ち着くまで、赤みなどをごまかしてくれるもの」だと思います。
つまり結局は、残念ながら以下のような白い跡が残ってしまうと思います。

http://qq2q.biz/CTXZ

すでに妊娠線が出来てしまったなら、やっぱりコレ!

やっぱり出来てしまっった妊娠線をどうにかしたいのであれば、最近出た”妊娠線が出来てから使う専用のクリーム”のほうが良いと思います。
このクリームには、細胞の再生を促すと言われている成分が含まれているので、妊娠線が出来てしまっているママにとっても人気です。

丁度私のママ友がこのクリームを使っていたので、体験記事を書いてもらいました。
以下の記事でご紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

⇒妊娠線を目立たなくすると噂のクリームを使った体験談はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加