妊娠線予防クリーム

妊娠線予防クリームの肌トラブル⇒対処法はこれ!

妊娠中は肌が乾燥したり、敏感になったりします。
そのため、これまで使っていたクリームを妊娠線予防に代用したり、あまり良くない妊娠線予防クリームを使うと、肌が荒れたりしてしまうこともあります。

 

そんな時、どうすればいいのかわからないと、パニックになってしまいますよね。
妊娠線はつけたくないけど、本当にこのままでも良いのかどうか…。

妊娠線はできなかったけど、肌荒れの跡が残った…なんてことにならないために、この記事が参考になれば幸いです。

一番大事!この肌荒れ、子供に害はない?

安心してください。
お腹の中の赤ちゃんに、お母さんの肌荒れが影響するということはまずありません

私もそうでしたが、多くのお母さんは妊娠中に自分のしたことで、お腹の赤ちゃんへ悪影響を与えてしまうのでは?と神経質になると思います。

 

でも、色々と調べてみた結果、お母さんの妊娠中の肌荒れが、胎児まで影響するというケースはみつかりませんでした。
むしろ肌荒れを治すために余計な薬を塗ったほうが、赤ちゃんに影響があるみたいです(もちろん、お医者さんは処方しませんけどね)。

また肌荒れを気にするあまり、ストレスを抱えてしまったりすることものほうが、おなかの赤ちゃんへの影響は出やすいようです。
ひどい人だと過食になったり、拒食症になったり、眠れなくなったりすることもあるので、ひとまずは「赤ちゃんには問題ないから、大丈夫。ゆっくり治していこう」と安心することが大事ですね(⌒∇⌒)

肌が荒れたり異常があっても、塗りつづけた方がいい?

これは初めにもお話ししましたが、私たちは妊娠線を作りたくないために

  • 肌が荒れても、妊娠線を作らないために使い続けるべきか
  • それとも、使うのを止めるべきか

悩んでしまうこともあります。

でも、使い続けるのは絶対にやめたほうが良いですよ(;’∀’)

 

私も昔ニベアを使っていた時に、肌に異常が現れました。
それでも使い続けた結果…まずは”とんでもない痒み”に襲われました。

もうお風呂に入って血行が良くなると最悪で、搔かずにはいられない!
それに痒みは、なぜか全身に広がりました。

 

気が付けば胸(乳首周りは特に)、ふくらはぎ(ふくらはぎの裏も)、ふともも、すね、お尻、二の腕、背中、脇腹、おへそ周りとほぼ体全体が「とにかくかゆい!!!」という状態でした。
ブツブツ・ポツポツ・プツプツの湿疹もでき、大変な思いをしました。

本当に掻かずにはいられない痒みに襲われますが、もしそこで書いてしまうと、今度はミミズ腫れのようなひっかき傷ができ、残ってしまうことになるので、本末転倒にならないように注意が必要です!

無理に使い続けず、ほかのクリームを試そう

妊娠線予防クリームは、色々な種類があります。
無添加は当たり前で、オーガニックのもの、産後の赤ちゃんに使えるクリームまであります。

私もクリームを変えたとたん、ピタリと痒みはなくなり、結局出産まで何の問題もなく過ごせました。
妊娠線もひっかき傷も残らなかったので、ぜひ無理をせずほかの妊娠線クリームを使ってみてください。

肌に合わなかったからと言って、妊娠線予防クリームすべてがダメなわけではありませんよ(^▽^)

塗ってもすぐにカサカサなんだけど、重ね塗りしたほうがいい?

保湿力のない妊娠線予防クリームや、特に妊娠線予防ローションだと、塗ってもすぐにカサカサに乾いてしまうことがあります。
こんな状態だと、果たして本当に保湿できているのか不安になると思います。

この状態、ズバリ保湿できてません(;’∀’)
保湿力のあるクリームはスベスベ、モチモチにこそなっても、カサカサになることはありませんから…妊娠線ができてしまう可能性”大”です。

 

とりあえず、重ね塗りするようにしてください。
それで肌がずっとモッチリするようでしたら、問題解決です(⌒∇⌒)

でも、もし重ね塗りしたのにすぐに乾くようでしたら、妊娠線予防クリームを変えたほうが良いですね。
良いクリームは、伸びも良くもっちり&しっとりして、肌が弾力を持つのがわかります。

 

お腹が大きくなっても、何となく余裕のある感じになります。
もちろん妊娠線も予防できるので、ぜひ他の製品を試してみてください。

もし、肌が荒れにくい妊娠線予防クリームを探しているなら…

上の写真は、私のお腹です(/ω\)
私の場合、特に肌が荒れることなく、また妊娠線が出来ることなく出産することが出来ました。

実は初めからこのクリームを使っていたわけではなくて、初めは普通のボディクリームで代用してました。
すると途中から痒くなり始めたので、急きょこのクリームに変えたのですが、痒みも収まりましたし、妊娠線も最後まで大丈夫でした。

 

私が使っていたクリームは、

  • 8種類の完全無添加
  • オーガニック
  • 産後、赤ちゃんにも使える

という肌のやさしさだったので、私の周りのママ友でも、肌が荒れたという話は聞いたことないですねぇ。

 

私が使っていた時の話や使用感は、以下の記事でご紹介しています。
ぜひ、読んでみてください。

徹底的に易しい成分の妊娠線予防クリームを使った結果を見にいく⇒

妊娠線予防クリームは効かない?その原因は、これかも…

妊娠線予防クリームやオイルを使っていたのに、妊娠線ができた。
妊娠線予防クリームやオイルを使っていたのに、妊娠線が消えない。

その理由は、妊娠新予防クリームなんて詐欺で効果がないから…ではないかもしれません。
その理由は意外と、”妊娠線予防クリームに対する誤解”が原因かもしれません。

 

この記事で、おさらいしてみましょう!
大丈夫、まだ間に合いますよ(^▽^)/

妊娠線予防クリームを使っているのに、妊娠線ができたんだけど・・・

妊娠線予防クリームはできる前から塗っていたのに、妊娠線ができちゃったんだけど!!と憤慨しているそこのあなた!
「せっかくお金も払ってわざわざ買ったのにお金の無駄だった・・・」とがっかりな気分、よくわかります!

だって、ちゃんと予防のつもりで使ってたんですもんね!
私も経験があります!

 

なんで数千円も払って肥満線と間違われかねない妊娠線ができるのか、本当にむかついちゃいました(笑)
でも・・・後になって私が使っていたクリームの成分や、妊娠線についての知識、口コミなどをチェックしていて納得したのです。

勉強代だと思ってそこはあきらめて、そうそうに今使っているクリームに切り替えることにしました!
そして今度は、シラノール誘導体を条件に新しいクリーム探しを始めました。

人気の妊娠線予防クリームに含まれている、シラノール誘導体。その理由は…

妊娠線というのは、ぱっと見、デブ線ともいわれる肥満線に似ている、と思ったことはありませんか?
実はここに、妊娠線を消すための、そして予防するためのヒントがあるのです。

妊娠すると、おなかがどんどん大きくなります。
しかも大きくなるのは「だんだんとゆっくり」というわけではないのは、経験されたことのある方ならお分かりですね?

 

妊娠中期にもすでに大きくなり始めていた方でも、妊娠後期になると一気にぐぐーっとお腹が大きくなりますよね!
この時期、おなかの皮膚は急激な伸びに耐えられなくなって、そのためにできるのが妊娠線です。

この時…実はただ肌を保湿しているだけでは、妊娠線が防げないことも多いんです。
たとえそのクリームが、”妊娠線予防”の効果をうたっていても、です。

肌の表面だけでなく、肌の奥から保湿すること!そのために…

妊娠線というのは、実は肌の奥からブチッと割れて出来てしまいます。
なので表面だけでなく、肌の奥から保湿して、肌全体に弾力を持たせることが大事なんですね。

その役割をしているのが、「シラノール誘導体」という成分です。
人気の妊娠線予防クリームには、この成分が含まれていることが多いので、チェックしてみてください(⌒∇⌒)

 

ちなみに肌の保湿と言えば、コラーゲンが有名ですよね。
そのコラーゲンを束ねる、そしてコラーゲンを作り出すという働きを担うことができるのも「シラノール誘導体」です。

コラーゲンを作るということは、肌の内側から保湿し、肌の弾力をキープする力を蓄えることができる、ということになりますから、効果があるのは何となくわかると思います。

 

ちなみにですが、「シラノール誘導体」は産後のたるんだお腹の引き締めにも良いと言われています。
予防クリームは高いので、ずっと使い続けるのはしんどいかもしれませんが、出産後もしばらくは使い続けると、妊娠前と変わらないハリッ!ツヤッ!な肌をキープできるかもしれません。

妊娠線予防をするなら、「シラノール誘導体」は絶対ですよ!

シラノール誘導体を使った方の体験談

参考程度に、楽天の「マタニティ・ママランキング」で1位の、ベルタの妊娠線予防クリームの口コミを少しだけご紹介します。
勿論、シラノール誘導体を配合しています。

冬の妊娠中、とても乾燥が気になったので購入してみました。定期購入の方が安かったので、ダメなら2回使ってやめようと思い、定期購入にしました。
お風呂上がりにお腹、胸、二の腕、お尻、太ももに塗っていましたが、1ヶ月でちょうど使い切る感じで量的には満足でした。少し甘めのクリームなので、すぐに服を着たい人は面倒かもしれません。私は妊娠線予防で使い始めたのでこのくらい潤った方が安心感はありました。
出産までの半年間購入したのですが、妊娠線は出来ませんでした。

http://urx3.nu/CTzb

 

妊娠線クリームですが、肉割れの跡が気になり購入しました。

色々比較しましたが、有効成分がしっかり配合され、美容成分がはいって肌にもよさそうなのでベルタにしました。
こっくりして、重めなクリームです。塗り込むと、すこしペタペタしますが少し時間をおくとびっくり!

しっとりして、肌の潤いを実感できました。一本使い切り、気になっていた太ももの跡が薄くなってきたように思います。
しばらく続けたいので、定期便にしようなと思います。

※定期便にして2本使いきりました。
マッサージして毎日塗っていたら、前よりも白い跡が気にならなくなりました。
続けて塗ることが大切なんだな?と実感しました!

http://urx3.nu/CTzc

 

ちなみに私もベルタをずっと使っていましたが、以下のように出産後も妊娠前と変わらないお腹を維持できています。

私が使っていたクリームは、以下の記事で体験談とともにご紹介しています。
今は500円のお試しキャンペーンもやっているので、気に入ったら試してみてくださいね。

臨月でもシットリ!私が使ったクリームのレビューを見にいく⇒

妊娠線予防クリームを使ってるのに、妊娠線が消えない!

妊娠線予防クリームを使っているのに、

  • 目立たないようにならない
  • 消えない
  • 薄くならない
  • 治らない

とお悩みのあなた!

 

あなたはとってもラッキーだと思います。
というのも、最近やっと”妊娠線ができた後に使うクリーム”が発売されましたが、ほかの99%の妊娠線予防クリームは、その名前の通り妊娠線を”予防”するものですから、できてしまった妊娠線にはどうすることもできません。

「妊娠線が消えないじゃないの!」と、今のクリームを作っている会社を怒らないであげてください(;’∀’)
そして速やかに、妊娠線ができた後専用のクリームに変えましょう。

 

ちなみに妊娠線ができた後に使うとよいクリームの主成分は、葉酸です。
葉酸は、妊娠中のサプリメントなんかでも有名ですよね。

なんでも、細胞を再生する能力があるのだとか。
今からでも間に合うので、ぜひ試してみてくださいね。

妊娠線ができてから使うクリームの体験談

一応こちらも、体験談を少しだけご紹介しますね。
こちらは日本予防医学研究所が開発したクリームで、楽天でも1位を取っています。

赤くボコボコだった肌が気にならなくなってきました。私には合っているようで、またリピしました。

http://urx3.nu/CTAl

 

今日3回くらい肌の凹凸に「のの字」を描くように塗ってみました!
ほんの気持ち目立たないような…。これは期待出来そう!
値段もそこまで高くないし良い買い物できました!
リピ絶対します( ・∇・)

 

予防で有名なオイルのものを使っていましたが、肌の凹凸が縦にも横にもばっちり残ってしまい、ダメ元で今回購入しました。伸びてしわっぽくなっているところはあまり変わりないと思うけど、茶色く縦に線が入ったところが少しずつですが、薄くなってきているのでこのまま続けたいと思います。

 

私のママ友も、このAFCのクリームを使っていました。
その結果、妊娠線は特に気にならなくなったと言ってました(今はたるみで悩んでいるそうです(笑)

こちらのママ友にも、記事を書いていただきました!
もしよかったら、以下の記事を読んでみてください。

妊娠線を薄くすると噂のクリームを使った体験談を見にいく⇒

 

妊娠線予防クリームの疑問まとめ:赤ちゃんに浸透しない?など

出産後に使い始めても、効果あるの?
化粧水で代用できる?

もともと敏感肌だから使うのが心配・・・
高いクリームじゃないと効果がないって本当?!

 

この記事で、まとめてご紹介しますね。
参考になれば幸いです。

(この記事は長いです。以下の目次から、読みたいところに飛ぶこともできます。)

出産後に使い始めても、効果ある?意味ない?

一つ上の項目でご紹介したように、出産後に”出来てから使うクリーム”を使っても、全然間に合います。
ただ妊娠線は人によって”線の深さ”があって、深ければ深いほど時間もかかりますし、正直クリームでは”どうしようもない妊娠線”もあります。

つまり

  1. 妊娠線ができる前のケア
  2. 妊娠線ができてからのケア
  3. 出産してからのケア

という順番で、ツルン!とした肌のキープのしやすさは変わってくるので、もし今妊娠中で(出産後でもいいかなぁ…)なんて思ってるなら、それは後で後悔すると思います(;’∀’)

 

逆に今ケアを始めると、友達の「妊娠線できたんだよね…」なんて話を聞くたびに、(あの時ケアしていてよかった…)と思えると思いますよ(^▽^)
もうすでに出産後のママも、あきらめないで3か月~半年くらい使ってみてください。

半年クリームを使っても、滅茶苦茶高い”妊娠線レーザー”手のひらサイズの1回の料金以下です。
そう考えると、クリームに望みをかけるのは正しいと思います。

化粧水や美容液、乳液、保湿液は妊娠線予防の効果ある?

少し話は変わりますが…妊娠線予防に化粧水、美容液、乳液、保湿液は効果が・・・ありません(><)!
これらはみな、お肌に必要な水分や保湿力、脂分を補うためにあるものです。

高い美容液をもってしても、やはり妊娠線専用ケアクリームとは配合されているものが違うんです。
だってそもそも・・・「目的が違うから」です。

 

顔や体の皮膚をきれいな状態に保とう、ということと、妊娠して大きくなっていくお腹の皮膚を守ろうとするものが同じなわけないですもんね。
そこを無視して市販品をいろいろ試して、無駄な遠回りをしてきた私が言うので(しかも体験談)間違って無いと思いますよ。

実際、「どうしてこんなにちゃんと保湿してるのに効果がないの?!」と気になって調べたときに、嫌というほど思い知らされました。
日頃のスキンケアと、妊娠中特有のお肌のケアでは必要なものも目的も違う、ということをです。

妊娠線予防クリームが、皮膚から浸透して赤ちゃんに影響したりしない?

お腹の中の赤ちゃんには、成分まで影響してしまうことは”殆どない”のだそうです。
よほど純度の高い劇薬を塗ったり、それこそ病院で処方される薬でも塗らない限りは、心配はいらないそうですよ。

でも、心配になる気持ちはわかります。
妊娠中は風邪をひいても、頭痛でもバファリンすら飲んではいけないといわれますもんね。

妊娠線予防クリームだって、妊娠中に使える?本当に胎児に影響はないのか?将来生まれてきた子供にアレルギーでもでたら・・・。
なんて色々なことを考えてしまう時期ですよね!

 

ただ先ほども話したのですが、妊娠線予防クリームはとにかく安全性にこだわったものが多いです。
そもそも妊娠中は肌が敏感になるので、無添加なのは当たり前です。

生まれたばかりの赤ちゃんにも使えるくらいの優しい成分ですから、安心して使ってくださいね(⌒∇⌒)

妊娠線ケアはオーガニックじゃないとだめ?

オーガニックであることに悪いことはありませんが、別にオーガニックだからといって、妊娠線予防の効果が強まるわけではありません。
もちろん、お腹の中の赤ちゃんに対する影響に、差が出るわけでもありません(どっちも問題ないです)

オーガニックかどうかは、お母様の肌次第ですかね。
あとは、オーガニックにこだわりがあるお母様など。

 

過去に化粧品や保湿剤で痛い思いをした方は、オーガニック製品を選んでも良いと思います。
私の知る限り、オーガニックだからと言って高い妊娠線予防クリームは、それほどないと思います。

あとこれは個人の体験談ですが、なんとなくオーガニックのほうがべたつきが少ない気もします。

アトピーでも、妊娠線予防クリームを使える?

普段アトピーで悩まれている方が妊娠すると、さらに肌が敏感になる傾向があるそうです。
ただ結論を言いますと、アトピーの方でも使える妊娠線予防クリームは、いくらでもあります。

先ほども言いましたが、妊娠線予防クリームは、ものすっごく優しい成分です。
無添加あたりまえ、赤ちゃんにも使えるので、アトピー肌でも使っている方はたくさんいます。

 

それでも心配なら、オーガニック原料をできるだけ使用して作られたものかつ、無添加のものぜひを試してみてください。
値段もオーガニックだからといって特別高いわけではありませんから。

アロエクリームは妊婦が使っていい?

アロへは、妊娠中は食べないほうが良いと言われています。
アロエヨーグルトさえも「妊娠中は食べないほうがいい!」なんて言われています。

これはなぜなのかというと、「アロエの皮に含まれるアロインには子宮収縮作用がある」と言われているからなんですね。
そして妊娠線予防クリームの中には、アロエ成分が入っているものもあります。

これは、問題なのでしょうか?

 

答えを言うと、妊娠線予防クリームに含まれている程度では、お腹の中の赤ちゃんに影響もなければ、お母様にも影響はありません。
責任は持てないですけど、「助産師に相談したけど大丈夫だと言われた」という体験談も目にしました。

しかし!
アロエは確かに保湿力では良い成分ですが、妊娠線を予防する効果はありません(;’∀’)

なので、心配ならその製品を避けてしまっても、まったく問題はありませんよ。

妊娠線予防クリーム、皆はいくらくらいの使ってる?値段の目安は?

私はこのようなサイトで記事を書いているだけあって、ママ友は多いです。
そしてこれはあくまで、私のママ友に聞いた統計ですが…。

月に3000円~5000円くらいのクリームを使っていた方が多いですね。
そもそも、妊娠線予防クリームの相場が、それくらいだと思いますけど。

 

ママの中には、1本8000円のクリームを使っている方もいました。
一番安い方だと、数千円のローションタイプを使っている方もいましたね(その方は結局、クリームタイプに変えましたが)。

これは個人の意見ですが、人気のものを選んでおけば、値段はそんなに関係ないんじゃないの?と思います。

妊娠線予防クリームに含まれる、妊婦にとって良い成分、悪い成分とは?

妊婦にとって良い成分が含まれているマタニティクリーム、というのはいろいろなものがあります。
商品によっても含まれる成分は違いますが、私が良いと実感できたものでご紹介するなら以下の成分です。

  • シラノール誘導体
  • 葉酸

 

シラノール誘導体は肌の奥まで浸透して保湿してくれると言われているので、ッチモチの弾力ある肌にしてくれます。
その結果、お腹が大きくなっても肌がバチン!と弾けるのを予防してくれると言われています。

葉酸はママの間でも有名ですよね。
「細胞の再生を促す」とか、「たるんだ肌を引き締める」などが期待できると言われています。

逆に、あまりよくない成分は?

 

妊婦にとって悪い成分、というとどんなものがあるのでしょうか。
基本的に妊娠線予防クリームとして販売されてるものには、妊婦さんやお腹の中の赤ちゃんに影響がある成分は含まれていません。

人気製品なんて、余計にそうです。
なので、以下に紹介する成分は”普段のクリームを代用した場合、気を付けないといけないクリーム”ということになります。

 

  • トレチノイン
  • トルエン
  • アキュテイン
  • パラベン
  • アロマ香料(オレガノ・ペニーロイヤルミント・ローズマリー・ベニバナ・ローズ)

特にアロマ香料に記載したものについては「子宮収縮作用」があるということです。

子宮が収縮する=お腹が張るということで、早産の危険性を高めたりしてしまうものですから、気を付けてください!

 

また、しわや肌の代謝、ターンオーバーを高めるものとして人気も高いトレチノインですが、これも奇形になってしまう危険性がある、ということです。
ただし経皮摂取では影響は低い、と言われています。

ハイドロキノンという美白効果で人気の高い成分も同じなので、よっぽど純度の高い物でなく、経皮摂取はそれほど気にしなくてもよいのではないかと思います。
どうなんだろう・・と不安に思うのであれば産婦人科、もしくはそれらを処方してくれたクリニックで妊娠中だけど大丈夫なのか?ということを聞いてみても良いでしょう!

二人目を生むとき、妊娠線予防クリームを使うタイミングは?

二人目はお腹が大きくなるのが早い!と実感するお母さんが多いです。
特に冬場にお腹が大きくなるタイミングで出産予定の場合、注意したほうがいいですよ!!!

私がまさに体験したことなのですが、本当に一人目とは違いました。
2人目を産むときは、妊娠4・5か月には、妊娠線予防クリームは使い始めたほうが良いです。

 

実は私もそうだったのですが、4,5カ月目にはもうはっきり大きくなっていて、服もマタニティじゃないとお腹が苦しいレベルでした。

妊娠後期に入ってまだ臨月なので出産は終えていないのですが、7か月にもなるとお腹はすでに重い。
体重はそう増えていないのに・・という状態でしたから、妊娠線予防クリームはまさに大活躍の時期を迎えていたんです。

 

妊娠線予防クリームは、基本的に”妊娠線ができる前に使うもの”。
そして妊娠線は基本的に、一度できると一生消せないと言われています。

(どうせ二人目も生むし…)と考えず、二人目は特に気を受けてケアしましょう。

妊娠線予防クリームは、かゆみも抑えられる?

妊娠して、おなかが大きくなってくるととにかく「お腹がかゆい!!」ということを訴える妊婦さんは実際多いようです。
私も産婦人科で、愚痴のようにつぶやきました。

でも、基本的に乾燥した肌を保湿すればお腹のかゆみは収まるので、妊娠線予防クリームを塗れば痒みが収まることも多いです。
私もまさにそうでした。

 

ただ初めに言ったように、妊娠線は皮膚の奥から裂けて出来るもの。
表面だけの保湿では、痒みが収まらないことも多いです。

なのでむしろ、妊娠線予防クリームだから、妊娠に伴う痒み対策ができるのだと思います。

妊娠線予防クリームで妊娠線を防いだ後、クリームの使用を止めて、妊娠線の肌に戻ったりしない?

妊娠中にクリームの使用を中断すると、肌は再びかゆくなって、妊娠線ができてしまいます。
でも、無事出産に終わった後なら…お疲れさまでした!

もう妊娠線のクリームを止めても、妊娠線ができることは無いです。
余った妊娠線予防クリームは気になる部分に使うか、(もし使えるタイプであれば)赤ちゃんに使ってあげてくださいね。

妊娠線予防クリームの使い方・塗る場所、違いなどまとめ

この記事をお読みということは、

  • 「絶対に妊娠線を作りたくない!」
  • 「これ以上増やさないようにしたい!」

そう思って、妊娠線予防クリームについて調べているのだと思います。

でも妊娠線予防クリームは、公式サイトを見ただけでは、詳しい使い方はのっていないかもしれません。
本当はこんなとこにも使えるのに…!そんな使い方すると、効果ないのに…!なんてことも、しばしばありますからね。

 

ご存知の通り(笑)、妊娠線予防クリームは高いです!
そして妊娠線は一度つくと、基本的に一生消えないと言われています。

無駄に使ってしまわないために、この記事が参考になると嬉しいです!
(この記事は少し長いので、以下のメニューから直接飛ぶこともできます)

いつから、どの時期から、何か月目(何週目)から使い始める?

妊娠線予防クリームは、そもそもどういうものなのかということを知ると、どのくらいの時期を目安として使い始めるのが良いかわかりやすいと思います。
妊娠線予防クリームは、保湿をする、そして肌の弾力性をキープして大きくなっていくお腹が、肉割れしてしまうことを防ぐものなのです。

つまり妊娠線予防クリームが一番効果を発揮するのは、お腹が大きくなってからですね。
具体的には…。

 

妊娠1カ月目、2カ月目、3カ月目というのは「妊娠したかどうか」ということに気づいているかどうか、という時期でまだまだお腹は普段通り。
なのでこの時期には、まだ妊娠線予防クリームは特別必要ではないと思います。

ワセリンとか馬油(これは匂いが強いですが)とかで表面を保湿するだけで大丈夫です。

 

妊娠4カ月目、5カ月目に入ると子宮が大きくなり、体重も増えてきて、徐々にお腹は大きくなってきます。
この時期に妊娠線予防クリームを準備するのが良いと思います。

人によってはお腹も大きくなってきますし、保湿は一日ではできませんからね。
準備だけはしておきましょう。

 

妊娠6カ月目、7カ月目となると、ほとんどの方がもうお腹が大きくなったことを実感して、マタニティウェアじゃないと苦しい・・・という状態になっていますね。
ここで妊娠線予防クリームを使い始めるのがおすすめです。

人によっては、肌に痒みが出てきたりもします。
妊娠線の前兆と言われているみたいなので、しっかり保湿して痒みも妊娠線も予防しましょう。

 

そして妊娠後期といわれる8カ月目、9カ月目、10カ月目となるとかなりお腹も急激に大きくなっていきます。
この時期に妊娠線ができる人が多いので、塗り込んでいる時間は赤ちゃんとの幸せな時間と思って、時間をかけてたっぷり塗りこんでください。

つまり、まとめると…

まとめると、妊娠線予防クリームは妊娠4か月ごろから塗りこんでおくと、一安心です。
でも私と同じように「ちょっと値段が…」と思う場合は、お腹の様子を見つつ市販品で表面のケアだけしておきましょう。

そして妊娠6か月目くらいから、妊娠線予防クリームを使い始めてください。
すると、妊娠前と変わらないハリッ!ツヤッ!な肌をキープできますよ(^▽^)

一日に何回塗る?1日1回は少ない?

マタニティクリームでのケアはどのくらいの頻度で行えばよいのか?ですが、商品によって指示が違うので、何とも言えません…が。
朝と夜の二回塗るのが、基本ですね。

商品の説明通りで納得がいかない場合は、重ね塗りなどをしている方も多いですよ。
逆に妊娠初期の場合は、塗る量や回数などを減らしている方もいます。

つまり基本的には説明書の通りでいいと思いますが、多く塗っても困ることはないでしょう(お金の問題をのぞいて…)

一日のどのタイミングで塗る?

妊娠線ケアをするのに最適なタイミング、というよりもここははずせない!という保湿するのに最適なタイミングがあります。
それは「お風呂上り」です。

お風呂上がりのタオルで水気をふき取ったすぐあと、できれば5分以内に塗りましょう!
一番、保湿効果が得られやすいタイミングだからです。

 

そしてもし、ここだけでは足りなかったと思えば、その都度足していってください。
朝起きてチェックして、それでも不安ならお昼過ぎにもチェックしてみる、など、あなたにとって必要と感じられるタイミングでよいのです。

(無いとは思いますが)いつ塗ればいいのか指示のない商品に関しては、朝と晩の二回塗るのがおすすめです。
多くの妊娠線予防クリームは、朝と晩に塗ることを勧めていますから。

お風呂上りに塗ると、体が冷えない?

いくら妊娠線を消すため、予防するためとはいっても”体を冷やしてはいけない”と言われる妊娠中の期間。
でも妊娠線予防クリームって、ヒヤッとして体が冷えてしまったりもするかもしれません。

基本的には問題ないのですが、それでも気にになるようでしたら、人気の製品の中で”塗った瞬間、少し肌がぽ~っと温くなるような予防クリーム”もあります。
私も使っていましたが、これは嬉しいですよね!

 

具体的には、AFCというところから出ている妊娠線予防クリームが、肌を暖かくしてくれます。
私も使っていたので、以下に使用感などをまとめた記事を貼っておきますね(^▽^)

ぜひ、読んでみてください。

⇒お腹がポワ~っと暖かくなる、保湿力抜群の妊娠線予防クリームを使った結果

ボディクリームと塗り分けても大丈夫?重ね塗りしてもいい?

妊娠線の予防期間でも、普段の肌の保湿は続けたいですよね。
でも、クリームを重ね塗りすると効果がなくなるんじゃないのかとか、肌が荒れてしまうんじゃないか…という心配もあるかもしれません。

ただ私の知る限り、重ね塗りを勧めていない妊娠線予防クリームは知りませんし、私の周りのママは、みなさん重ね塗りしていました。
勿論、妊娠線はできずに済んでいましたよ。

 

塗る順番ですが、それは人によって様々でした。
妊娠線予防クリームの上からボディクリームを塗る方、全身にボディクリームを塗ってから、気になる部分だけ妊娠線予防クリームを塗る方…。

どちらも妊娠線はできていなかったので、そのあたりは自由でいいと思います。
まぁ、理想は全身に妊娠線予防クリームを使いたいですけど…高くて私は無理でした(´;ω;`)

体のここに塗ってもいい?

妊娠線は、実はお腹以外にもできます。
また妊娠線でなくても、同じ症状の”肉割れ”は、全身にできることもあります。

せっかくなので、妊娠線や肉割れ線ができやすい場所と、塗ってよいのかなどをご紹介します。

太もも

妊娠してお腹が大きくなるのは当たり前ですが、体重増加に悩まされる妊婦さんは、太もものサイズアップに皮膚が耐え切れなくなることもあるのです。
あまり体重が増えているわけではないのに、見た目にもまるで肉が付いたようなに見えるほどむくんでしまうこともあります。

そのようなときは外側もですが、内側、付け根、内股の部分にもストレッチマーククリームを塗ることで、妊娠線を予防できますよ。

バスト

胸が大きくなるのはご存知だと思いますが、かなり大きくなったりすることもあるのだそうです。
基本的には2サイズアップするといわれているバストですが、個人差があります。

そして胸もまた、妊娠線ができやすい場所です。
話を聞く限り、お腹の次にできやすいと思います。

 

完璧に保護しようと思うのなら、胸全体、谷間(内側)の部分、おっぱいの下側についてもストレッチマーククリームでケアをしてみてください。

二の腕(内側)

ここも個人差が大きい部分です。
かなり体重が増えてしまった妊婦さんの中には、二の腕のサイズアップで妊娠線が出てしまうケースがあります。

腕がパンパンになってきているのを感じたら、念のために塗っておきましょう。

背中

自分では気が付きにくい場所ですが、実は妊娠線ができやすい場所でもあります。
お腹のほうに妊娠線ができそうな場合、鏡で背中もチェックする習慣をつけてもいいかもしれませんね。

脇腹

脇腹は言わずもがな、妊娠線ができやすいです!
お腹にクリームを塗るついでに、絶対に塗る癖をつけましょう!

 

お尻

ここも妊娠すると肉割れ線ができやすい場所です。
特に注意したいのが、お尻の側面です。

割れ目のあたりはそれほど心配しなくても平気かとは思いますが、側面にかゆみを感じるようになったら要注意です。
乾燥から始まって、肉割れ線になってしまうこともあります。

ふくらはぎ(ふくらはぎの裏)

妊娠するといろいろな場所が乾燥するようにもなります。
中でも意外なのが「ふくらはぎ」と「ふくらはぎの裏」の部分ではないでしょうか。

…とはいっても出来にくい部分ではあるので、余裕がある方、体重が多めに増えた方は、意識して塗りましょう。

膝裏

膝裏についてですが、こちらも妊娠線ができる方がいます。
ただそれ以上に、妊娠線ではなくて肉割れ線の方が多い印象です。

妊娠線予防には…塗っても塗らなくてもいいかもしれません。

下っ腹・へその下・子宮のあたり

まぁこの部分は妊娠線の一番できやすい場所なので心配はいらないのかもしれませんが…。
妊娠線は意外と広範囲にできるので、広めにたっぷり塗っておくことが大事です。

特にお腹の真ん中が一番張っている気がしそうですけど、意外とお腹の下のあたりに妊娠線ができます。
見えにくい部分ですが、しっかりと塗りこんでくださいね。

出産後、「えっ!?どうしてこんなところに!?」と、ならないためにも…。

お腹の中の赤ちゃんに、影響しない?

ちなみに多い質問なのでここで答えておくと、いくら肌の奥まで保湿してくれる妊娠線予防クリームでも、肌に浸透して赤ちゃんに影響してしまうことはありません。

塗り込んでいる時間は赤ちゃんとの幸せな時間と思って、時間をかけてたっぷり塗り込んで上げてください。

おへそ

意外とケアを忘れてしまう方が多いのが、おへその周辺です。
ですが実際妊娠後期になったお腹を見ると、びっくりする方もいらっしゃるかもしれませんよ。

おへそは「もうこれ以上無理!」という限界値まで伸びるのです。
ですから、おへその上、おへその下も含めておへその周りはしっかりとケアをしておくのも重要です。

足首

足首というと、むくんで太くなることはあります。
でも、妊娠線ができた話はあまり聞きません。

妊娠線で足首にできることは、とても珍しいので、そんなに心配はいらないと思います。
肉割れで線ができたことを、たまに聞くくらいです。

乳輪の周り

乳首の周りの妊娠線…多いですよ!
また妊娠線以外にも、痒み、皮向け、乳首の黒ずみ…問題が多い場所です。

ただそれほどクリームも多く使いませんし、保湿しておけば痒み・皮向け・黒ずみをまとめて予防できるので、忘れずにケアしておきたい場所ですね。

つまり、妊娠線予防クリームは全身に塗ってもいい?

妊娠線予防クリームの良いところは、とにかく成分が優しいということ。
人気の予防クリームは、お母さんはもちろん生まれた赤ちゃんにもそのまま使えるようになっています。

それくらい優しい成分なので、全身に使って問題ありませんよ!
まぁ、私の場合は値段の関係で…><

妊娠線の悪化を防ぐことは出来る?

妊娠線ができてしまってから、妊娠線予防クリームを探す方も多いです。
実は私も、それに近い形で始めました。

でも、安心してください。
ちゃんと妊娠線を予防していれば、今ある妊娠線が悪化することはありません。

ただし、色くらいは変わるかもしれません。
ピンク色や赤紫の妊娠線が、白色に変化することは良くあります。

 

ちなみに最近では、”妊娠線ができてから使う専用のクリーム”もあって、一度妊娠線ができたママの間では定番の商品になっています。
私のママ友も使っていて、そのころの体験談を記事にしてくれているので、よかったら読んでみてください。

⇒妊娠線を薄く・目立たなくすると噂のクリーム使った体験談

妊娠線予防クリームとオイル、ローションでは何が違うの?どっちが効果ある?

妊娠線予防クリーム、妊娠線予防オイル、妊娠線予防ローション…様々な商品があります。
一体どれを選べばいいの!と思っている方も、多いと思います。

一応私はママ友と商品を交換しあったりして、すべてのタイプを試しました。
その結果…もちろん製品にとって成分も違うので何とも言えませんが、一番良かったもの、そして平均してよかったものは”クリームタイプ”でした。

 

理由は簡単で、クリームタイプが一番保湿力が高いからだと思います。
ローションタイプなんかだと、いくらつけても、すぐにサラッサラになってしまっていましたから。

そういえばスキンケアも、ローション→オイル→クリームの順でしますよね。
ですからお肌の保湿を行うという観点だけで言えば、クリームが最強ということになると思いまs。

妊娠線予防クリームやオイルを塗った後、そのまま服を着ていいの?

あんまり良くない妊娠線予防クリームや、市販のニベアなどだと、いつまでたってもベタベタ。
(この上から服着るの、嫌だなぁ…)なんて思われるかもしれません。

でも、服を着てください!
風邪をひいてしまうかもしれませんから(それに、思っている以上に乾きません)。

 

そもそも、べたつきが気にならない妊娠線予防クリームもあります。
私はそのタイプを見つけたので使っていましたが、重ね塗りしなくても「モッチリ」&「しっとり」&「すべすべ」。

塗ってすぐに衣服を着ても、何も気になりませんでした。
なので、そういうタイプを使うのがおすすめです。

塗った後はマッサージはした方がいい?しなくていい?

よくオイルケアをしながらマッサージをするのが効果的、なんていいますよね。
ですが基本的にマッサージをするためのものではないので、妊娠線予防クリームを使った後でのマッサージは特別必要ではありません

むしろ”余計なことはしたくないママ”が、私の周りには多かったです(笑)
それに、お腹に強く力を入れてしまうと、逆子になってしまうこともあるそうですから。

 

子供のことを考えながら、優しくクリームを延ばす。
そのあとは特にマッサージせず、冷めないうちに服を着ましょう!

もし、どのクリームを選ぶか迷っているなら…

上の写真は、私のお腹です(/ω\)
妊娠線予防クリームを使って、何とか無事、妊娠線を作らずに出産することが出来ました。

どのクリームを使えばいいのか迷っている場合は、ぜひこちらを使ってみてください。
楽天でも一番人気なだけあって、私の周りのママ友でも、使っている方が多いです。

 

私が使っていたクリームは、以下の記事で体験談とともにご紹介しています。
今は500円のお試しキャンペーンもやっているので、気に入ったら試してみてくださいね。

臨月でもシットリ!私が使ったクリームのレビューを見にいく⇒