妊娠線予防クリームに、ニベアは代用できる?私が使った時は…

”妊娠線の予防には、保湿が大事らしい”
”それなら、手元にあるニベアでもいいのかな?”

そう思ってませんか!?
私は思ってました(笑)

ニベアは安いですし、どこでも手に入りますもんね。

 

そこでこの記事では、

  • ニベアが妊娠線の予防に効果があるのか、私の体験談
  • 私以外の、ニベアを妊娠線予防に使っていた方の体験談

について、ご紹介します!

 

(ちなみにニベアは、妊娠線を消す効果はありません。
もしすでに妊娠線がある場合は、最近出た”妊娠線が出来てから使うクリーム”を使ってみてください。

詳しくは、以下の記事をどうぞ。

⇒妊娠線を薄く・目立たなくすると噂のクリーム使った体験談

ニベアでもいい?ダメ?私の体験談

これからの私の体験談は、ただ”保湿をすればよい”というものではないという話です。
妊娠線というのはただ妊娠したからできる、というものではないからなのですが、どうしてできるかご存知ですか?

妊娠し、まずは子宮が大きくなっていく、そして次にお腹の中の子供が育っていくという流れですよね。
この子宮が大きくなっていく、という段階でも個人差はありますが目に見えてお腹が大きくなるという人はいます。

 

私のお腹も、順調に大きくなっていきました。

妊娠線の前兆が出てきたので、急いでニベアを。でも…

お腹が大きくなるにつれて、まずは”痒み”が出てきました。
そこで私は急いで、ニベアを体に塗りこむことに。

まぁベタベタして服を着にくいことは問題でしたが、初めは(これで妊娠線はできないだろう…)と思ってました。
でも、お腹がどんどん大きくなるにつれて痒みも増していき、ニベアを重ね塗りしても痒みが収まらない状態に!

 

そして最後には、お腹がベタベタなのに肌がキリキリと引っ張られていることに気が付きました。
(これはもう、絶対に妊娠線ができる!)と思い、そこで初めて”ニベアで妊娠線予防ができるのか”について調べることにしたのですが…。

実際に、ニベアを妊娠線予防に使った人の体験談を探してみると…

私は以下のような口コミを見て、とっても驚きました。

こんにちは。私も第一子の時は妊娠線予防のクリーム迷っていました。
妊娠雑誌等では専用のクリームやちょっと高そうなのが紹介されていましたが、私はそんなにお金かけてられないな~と、思って、その時はジョンソン&ジョンソンのボディケアクリームやニベアを使っていました。
夏場はベタつくのが嫌で肌水や持っていた化粧水を塗ったこともありました。
そんな私でしたが、臨月に入るまでは妊娠線は全く出来ず「安いクリームでも大丈夫だな~」と安心していましたが、本当に出産2~3週間前に突然、妊娠線が出来てしまいました…(涙)

http://ur0.work/CJ69

 

妊娠9カ月です。なんと…妊婦線が出来てしまいました。

妊婦初期からニベアを塗っていたのですが先週妊娠線が出来てしまいました。急にお腹が大きくなったなぁーと鏡を見ていて気づきました。

ニベアではダメだったのでしょうか?

http://ur0.work/CJ6d

 

妊娠中の痒みが治まってきたかと思うと、お腹の皮がむけます。

妊娠2ヶ月半の時点で、すでに全身が痒くて痒くて。
ニベアのクリームを毎日必死に塗っていましたが、
痒みで夜も眠れず本当に参っていました。

http://ur0.work/CJ6I

でも、どうしてニベアだとダメなんだろう?

どうして保湿力のあるニベアなのに、妊娠線は予防できないのか。
私が調べる限りでは、妊娠線というのは皮膚の表面だけでなく、もう少し奥のほうからひび割れてしまうみたいなんです。

なので、普通の皮膚の表面だけを保湿するクリームでは防げないんだとか。
だからこそ、それ専用の妊娠線予防クリームが発売されているそうです。

(ちなみにニベアも妊娠線予防クリームも、お腹の中の赤ちゃんまで浸透して影響する…なんてことは無いそうです)

 

あと面白い話を聞いたのが、ニベアを勧める人は

  • 自分自身が妊娠線予防クリームを使って、あまりに妊娠線ができる気がしなかったので、(今思えば、普通の保湿クリームで良かったのかも)と思っている人が多い

そうです(笑)

本当の話かは分かりませんけどね(;’∀’)

何はともあれ、妊娠線予防クリームを使ってみて…

上の写真は、私のお腹です(/ω\)
妊娠線予防クリームを使って、何とか無事、妊娠線を作らずに出産することが出来ました。

私が使っていたクリームは、以下の記事で体験談とともにご紹介しています。
今は500円のお試しキャンペーンもやっているので、気に入ったら試してみてくださいね。

臨月でもシットリ!私が使ったクリームのレビューを見にいく⇒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加